[TOPICS]

2012年06月18日

To people who have come from foreign forums on this site.

You guys are fun to plague us?
We have not made ​​the work at no cost. We are very troubled by cruel acts of you.
We wish that there is even a little conscience to you.

I am worrying that you may not understand what I want to say because of my poor English.

June 29, 2012
Itsuka Kisaragi


Inyoku no Chochoku Gakuen -Until My Childhood Friend Is Completely Soiled-
posted by Es.Labの中の人 at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
1. We're not thiefs.
2. Stop telling people we're thiefs or something like that.
3. Stop being a son of the bitch, since no overseas user will buy your works with that attitude. You should be grateful that people who you call "thiefs" are making your work famous.

If you desist to say those things, I'm afraid that I'll denounce your website to an international organization since your'e nothing more than a xenophobe.
Posted by 外人 at 2013年04月17日 16:41
残念ながら、向こうの考え方が間違っている。
まず、外人は向こうのマーケットの0.1%以下:確かに、日本外の世界が広いが、日本語を知っててああ言うマニアックな商品に興味あるの方々の数が少ない、例え全員が買っても、明白な結果が出るな訳ではない。
その以上で、ダウンロードをしているの方々は、例えばダウンロード出来なかったら、買う事を確定的に思わないで下さい、あんまりにも誇らしいすぎて、ぶっちゃけ理不尽だと、個人的に、思います。単に(無料で)手に入れるからだけ興味を持つ人の方が多めのが当たり前、常識だ。
最後に、確かに向こうに気に触るが分からないでもないが、ダウンロードをやっているの方々でも、ダウンロードした後で、ちゃんと買う人もいる(理論ではなく事実であり)。向こうには判りにくいかもしれませんが、それは文化の違うさって言うヤツです。逆に、宣伝みたいな、有益な効果がありそう(少なくとも様々研究によって)。
前述の点で、間違いが明らかになっておるはず。

片言の長いマジレスで申し訳ありませんですがいきなり泥棒扱いをされると不愉快でついつい。兎に角、向こうが論理に耳を向いたら幸いです。

追:
>To people who have come from foreign forums on this site.
have come→came (来るに行動はもう終わる)
on→to (方向の表示)
You guys are fun to plague us?→Are you guys having fun plaguing us? (構文)
We have not made the work at no cost→ Our work cost us time and resources(構文、言葉遣い;まだ自然ではないが、元より大分)
We are very troubled by cruel acts of you.→We are very troubled by your cruel acts. (構文)
We wish that there is even a little conscience to you.→さっぱり分からん。大体「自責の念を感じろ!」って事?
worrying→worried(他人を悩ませるではなく、自分が悩んでる)

ちなみに、ナゼ日本語で書いてないの?もしかにすると…日本語を分からず人に「我輩の商品を買え」と言い出したい?

改めて、長いマジレスを書き込んで、お詫び致します。
Posted by 2マラン at 2014年08月30日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56770439

この記事へのトラックバック